オープンキャンパスカフェの様子

オープンキャンパスカフェ担当者ブログ④

たかひろ

こんにちは!

北海道大学大学院工学院人間機械システムデザイン専攻修士2年のたかひろ(24)です(^-^)/


今回のブログ執筆者の中でも、サークルの中でも年長者になってしまいました。。。

(時の移ろいは悲しくなるくらい早い!)

そんな僕も7年前の夏にオープンキャンパスで、カフェプロの先輩とお話して、北大に入りたい!あと半年頑張るか!となったのを覚えています。


さて、工学院てなぁに?工学部とは違うの?って思った人も多いのではないでしょうか?

工学部と工学院の違いからちょこっと僕の大学院生活をご紹介したいと思います\(^o^)/


工学院とは、学部で4年間基礎を学んで卒業した後に研究を目的に進学する専門学校みたいなところです。

僕の学科は7〜8割の人が大学院に進学したり、担任の先生も教室も変わらないので、さして生活は変わらなかったりします( ̄^ ̄)ゞ

学部生の頃に比べて授業が少なく、自分の研究や勉強に充てられる時間がとても多くなりました。平日は修士論文の執筆に向けて研究しています。自分のデスクとパソコン(ディスプレイ3つ!)が与えられていて、毎日プログラムとにらめっこするのが僕の研究です笑


研究室でずっと研究するのも芸がないので、海外の大学へ研究留学する人もチラホラ。

斯く言う僕も昨年秋にドイツへ2ヶ月少し研究しに行ってきました(ゝω・)

北米、南米、欧州、アジアの大学・企業にお世話になる人が多いのではないでしょうか!

みんなそれぞれ大学や、財団、国から手当貰って留学しているので、お金もめちゃくちゃかかる…というのは無いと思います(他の学部・学科はわかないけど)


「海外で生活してみたいなぁ」なんて思ってる人は、大学生中に海外留学するんだ!

と虎視眈々と企むのも受験勉強の励みになるのではないでしょうか?^^


今回は、大学院と海外留学のお話を綴りましたが、サークル・部活・アルバイト・研究・遊び…etc

いろんな話できるので、オープンキャンパス当日はぜひカフェに足を運んでくださいね♪

このオープンキャンパスカフェがきっかけになって北大に入りたいって思ってくれる人が一人でもできたらうれしいです。