コーヒーカップに入ったコーヒーの様子

カフェプロ通信vol.1

のぶあき

第1回カフェプロ通信 サードウェーブコーヒー についての記事です。

カフェプロ通信vol.1

こんにちは。カフェプロ3年目ののぶあきです。

これから、カフェプロ通信と称し、定期的にコーヒーや紅茶の豆知識、カフェについての情報等を発信していきたいと思います!!

今回はサードウェーブコーヒーについての記事です。


巷で良く聞くコーヒーの「第三の波」とはいったい何なのでしょうか。


「第一の波」ファーストウェーブ

19世紀後半のアメリカで起こった最初のコーヒーブーム。真空パックや、流通網の発達により大量生産、大量消費が可能になり、一般家庭にもコーヒーが広がるきっかけになりました。


「第二の波」セカンドウェーブ

1960年代から、味の良い高品質なコーヒーを楽しむのがブームになる。深入りの豆を細挽きにし、エスプレッソで楽しむ人が増え、さらにはカフェラテなどのアレンジメニューも豊富に。おなじみのスターバックス、タリーズなどはこのころに登場。


「第三の波」サードウェーブ

セカンドウェーブでも高品質の豆を使って味にこだわる動きがありましたが、所詮は大量生産の豆で限界がありました。サードウェーブはさらに味にこだわり、豆の産地や銘柄、また生産された農園まで記載して、ハンドドリップで一杯一杯丁寧に淹れて提供する文化を言います。最近日本に進出してきた「ブルーボトルコーヒー」などが有名店。


実はお気づきになったかもしれませんが、「サードウェーブ」は昔ながらのマスターが一杯一杯ドリップして淹れる日本の喫茶店の影響が大きいと言われております。「サードウェーブ」で主流のドリップコーヒーというコーヒーの形も実は日本主流の形です。

ハンドドリップでコーヒーを入れる様子

今回の内容はお楽しみいただけたでしょうか?

今後も、みなさんに楽しんでいけるような情報を発信していきたいと思いますので次回の更新をお楽しみに!