コーヒー豆の保存方法

カフェプロ通信vol.11

もえか

カフェプロ通信vol.11 コーヒー豆の保存方法~お家で美味しいコーヒーを飲むために~ についての記事です。

カフェプロ通信vol.11

こんにちは。カフェプロ2年目のもえかです。

今回はコーヒー豆の保存方法についてお話しします。



カフェプロジェクトでは、カフェを開催する数日前~前日に豆を購入するので、私自身、コーヒー豆の保存方法にはあまり詳しくありませんでした。

しかし、調べてみると、簡単な方法でコーヒーの美味しさを長持ちさせることが出来ることが分かりました!


今回は本当に基本的なポイントを二つまとめてみたので、参考にしていただければ嬉しいです。


①コーヒー豆は専用の容器や保存瓶、タッパーやジップロックなど密閉することの出来る容器に入れて保存する

コーヒー豆は湿気やにおいなどを吸収してしまうので、適切に保存しないと何かのにおいがコーヒーに移ってしまったり湿気たりしてしまいます。

密閉容器に保存することによって、コーヒーの本来持つ味わいを保つことが出来ます。




②豆の状態や保存する期間の長さによって保存方法を変える

豆の状態で3週間~1ヶ月ほどで飲みきってしまうなら冷蔵庫で、1ヵ月以上の長期保存を考えている場合には冷凍庫で保存しましょう。

粉の状態で保存する場合は、冷凍庫での保存がおすすめです。
粉の状態のコーヒーは、豆の状態に比べて空気に触れる面が多く、酸化するスピードが速くなるためです。



ちなみに、コーヒー豆のおいしく飲める期間、保存できる期間は一般的に粉の場合なら、2~3週間、豆のままなら、1~2ヶ月と言われています。

みなさんもコーヒー豆を買ったときは適切な保存で美味しさを長持ちさせてみてください(*^_^*)

コーヒー

さて、今回のカフェプロ通信はいかがでしたか?

次回は、メンバーによるカフェ紹介の記事を更新する予定です。お楽しみに!