コーヒー

カフェプロ通信vol.13

カフェプロ通信vol.13 コーヒーの種類 についての記事です。

カフェプロ通信vol.13

みなさんこんにちは。みなさんは、カフェに行ったとき、横文字のメニューが多すぎてどれを頼んだらいいかわからない!となったことはありませんか?今回は、コーヒーの飲み方の種類を、カフェプロが扱うものを中心に解説していきたいと思います♪

コーヒー

・コーヒーを大きく分けると2種類に分けられる!


コーヒーメニューはたくさんありますが、大きく分けるとドリップコーヒーとエスプレッソコーヒーに分けられます。!

ドリップコーヒー:フィルターを用いてコーヒー豆をお湯や水でこして作る。
エスプレッソコーヒー:細かく砕いたコーヒー豆を専用の機械で高温・高圧で一気に抽出して作る。

・ドリップコーヒーの具体例

1.ストレートコーヒー
 1種類の豆を使用して淹れたコーヒーです。カフェプロが提供するコーヒーもストレートコーヒーです。
2.ブレンドコーヒー
 複数種の豆を使用して淹れたコーヒーです。お店によって配合が違うので、お店独自の味を楽しむことができます。
3.アメリカンコーヒー
 浅く焙煎した豆を利用して淹れたコーヒーのことを指します。アメリカンコーヒーは、他のコーヒーに比べて苦みが少ないため飲みやすいです。ドリップコーヒーをお湯で薄めた物という認識は間違いだそうです!
4.カフェオレ
 ドリップコーヒーに温かいミルクを混ぜ合わせたものです。コーヒーは苦くて無理!という方にも飲みやすく、カフェプロの人気メニューの一つでもあります。後ほど出てくるカフェラテと混同しやすいので注意!!

・エスプレッソコーヒーの具体例

 高温、高圧で一気に抽出してできるエスプレッソは1杯分が25~30mLとほんの僅か。濃厚な風味・深い香りが凝縮されており、そのままだととても苦いです。小さいカップに砂糖をたくさん入れて飲みます。
エスプレッソ
 そんなエスプレッソですが、ミルクやチョコソース・キャラメルソースなどを入れて飲むことが多いです。今回は、よく耳にする物をいくつかご紹介します。
1.カフェラテ
 エスプレッソに、ミルクを蒸気で温めて作る泡と液体が混ざり合ったスチームミルクをたっぷり加え、一番上の層に泡と液体が分離したフォームミルクを少量加えて作ります。マイルドで飲みやすいですが、カフェオレよりは少し苦めです。
2.カプチーノ
 エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを加えて作ります。カフェラテと非常に似ていますが、カフェラテに比べてフォームミルクの量が多いです。そのため、口当たりがふんわりしています。シナモンを少し振りかけるのがおすすめ!
3.カフェモカ
  エスプレッソにチョコレートシロップ、スチームミルクを加え、最後にホイップクリームをトッピングしたコーヒーです。甘くてほろ苦い味わいなので、女性に人気です。
カフェラテ


カフェオレとカフェラテ、カプチーノは混同しやすいので注意ですね!
カフェラテやカフェモカは毎年開催される、コーヒーカフェというコーヒーだけを扱ったカフェで提供しています!毎年秋ごろに開催しているので、ぜひお越しください!
今回ご紹介したコーヒーはごく一部で、まだまだたくさんの種類があります。コーヒーというものは本当に奥深いものですね。。。みなさんもこれを機に、自分好みのコーヒーを見つけてみてはいかがですか?
さて、今回のカフェプロ通信はいかがでしたか?

次回の更新もお楽しみに!